なぜ、長時間座ってると腰に痛みが出るのかを説明します。 人間は、上半身の全てを腰で支えています。 座っていると、その重さが全て腰にかかるので、腰に負担がかかるのです。 上半身の重さは、全身の7割くらいの重さがあると言いますから、相当な重さが腰にかかることになります。 この状態が長時間続くとなると、次第に腰の筋肉が張ってくるでしょう。 血液の流れも悪くなり、肩こりなどで腰への血行不良が起きたりします。 それに、長時間座ったままの状態は、神経を圧迫する原因にもなるのです。 このようなことから、長時間座っていると、腰に痛みが出る原因を作ってしまいます。 なるべく長時間座りっぱなしになるのを避けるようにしてください。 途中で休憩を入れて、軽い体操やストレッチをしたりするのも良いと思います。 そして、座っている最中も、あまり猫背にならないように、姿勢を良くした方が腰の痛みを避けることができるようです。 普段から運動して、体力と筋肉を付けておくことも、長時間座っていることによる腰の痛みを予防できるでしょう。